知っておきたいこと

女性

山梨県甲府市で賃貸住宅を借りる場合は、事前にその内容を見ておく必要があります。賃貸住宅は、インターネットなどを見ているとさまざまな情報が出てきますので、まずはインターネットの情報の閲覧からスタートするのも良いでしょう。ある程度情報を頭に入れてから、不動産会社に行くのも良いです。インターネットない時代ならば、最初から不動産会社に行く方法もありました。しかし、不動産会社に行くと契約をすすめられてしまうため借りるかどうか迷っていたのに半ば強制的に借りることになってしまうようなこともありました。これを避けるためには、まずはインターネットで情報を見て本当に借りたい気持ちがあればその物件を扱う不動産会社に行ってみるのが良いかもしれません。

敷金や礼金の支払いの知識

賃貸住宅を借りる場合には、敷金や礼金を支払わなければいけません。これは、山梨県甲府市の賃貸物件でも同様のことが言えます。敷金と礼金の役割をそれぞれ知っておくと、何のためにお金を支払っているのかがわかるでしょう。敷金に関しては、家賃の支払いも滞った場合や、退去した場合の原状回復などの費用に使うようになっています。つまり、保証金のようなものになります。通常敷金は返還されますが、1か月程度敷金を預けた場合には返還されない場合がほとんどです。それよりもむしろ、退去時に余分にお金を取られる可能性が高くなります。一方礼金の方は、オーナーや不動産会社に対する謝礼金のようなものですので、戻ってくることはありません。

仲介手数料を知っておこう

甲府市で賃貸住宅を借りるならば、初期費用の段階として家賃の何倍も支払わなければいけないことを知っておかなければならないでしょう。その中で比較的大きなお金になるのが仲介手数料です。仲介手数料というのは、不動産会社を利用した時に支払わなければいけないお金です。要するに、不動産会社に物件を紹介してもらったり、物件の手続きをするときに書類などを書いたりしてもらいますがその手続きといってもよいでしょう。これは、おおよそ賃貸住宅の場合家賃の1か月分程度と定められています。これをもらうことで、不動産会社はもうけを出しているわけです。もし、仲介手数料を支払いたくなければ、自分で物件を見つけると良いでしょう。つまり、物件の貸し主と自分で交渉する流れになります。当然この時、不動産会社の力を一切使わないで行わなければいけません。このように、初期費用だけで敷金や礼金そして仲介手数料を合わせると、毎月の賃料の5倍ぐらいになることがほとんどです。

広告募集中